こんにちは。

接客・接遇コンサルタント

アイスリーの小森真白です。

GO!GO! キスマイ クマモト オオイタ

エヴァンゲリオン

 

出張で偶然、ラッピング新幹線に乗ることができました。

旅の気分を高めてくれますね。

私もテンションがグッと上がりました。

 

 

 

「言葉が足りない」ために

相手とミスコミュニケーションが生じたりしていませんか。

 

誤解…まではいかなくても

一言があれば、もっと理解してもらえたのに…

言葉を添えるだけで

相手を不快にさせることがなかったのに…

無言で行っていたことをたった一言で加えるだけで

丁寧さを伝えることもできます。

 

相手と関わる動作をするとき、あるいは動作をする直前に

言葉も一緒に添えるのです。

 

 

落ちたものを拾って差し上げるとき

「落ちましたよ、どうぞ」

前を横切るとき

 

「前を失礼いたします」

何か物を渡すとき

「どうぞ」

状況に応じて「ご覧ください」「お召し上がりください」なども

加えてみるといいです。

 

 

身体に触れるとき

「失礼します」

 

 

無言で何かされるよりも

気分がいいですし

言葉を通じて触れ合うことで

距離感も縮まります。

 

 

 

レストランなどで

お料理を出されるとき

無言よりも

「こちらは季節の野菜○○でございます」

って言われると

美味しさがグッと増すでしょう。

 

病院で注射されるとき

いきなり針を刺されるよりも

「チクッとしますがすぐ終わりますよ」

って言われると

痛さも我慢できるでしょう。

 

足をケガして介助されるとき

いきなり腕をつかまれるよりも

「私の肩につかまって下さいね」

って言われて肩を貸される方が

安心するでしょう。

 

良かれと思ってしたことが裏目に出ないよう

さらにコミュニケーションを深められるよう

自分の行動に一言、言葉を添えてみる。

試してみて下さい。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

接客・接遇コンサルタント

Aithree 小森真白

http://www.aithree3.com

接客・接遇研修、コミュニケーション研修、コンサルティングについての

お問い合わせは、こちらから
http://www.aithree3.com